上記のQRコードをLINEアプリ上で
読み込んでいただくか、
LINE IDで検索下さい。
登録後に「トーク」でご相談下さい!

スタッフブログ茶道具・香木等の骨董品 買取
寛永堂スタッフのブログはこちらから
高価買取りのコツや査定時の
ポイント等を随時掲載しております。

~杉並 世田谷の茶道具・香木・骨董品 買取~

〒113-0033
文京区本郷6-26-15 清川ビル1階

連絡先

プライバシーポリシー骨董品買取 寛永堂の、買取りについての
プライバシーポリシーはこちらから

サイトマップ当サイトのサイトマップはこちら

2016年5月アーカイブ

東京世田谷 杉並にて茶道具・香木、骨董品の買取を行っております寛永堂です。
本日は大樋長左衛門作の「飴釉茶碗」をご紹介致します。

images_26.jpg

寛永堂にて査定を行いました茶道具「茶碗」です。
こちらは箱付きで、【而妙斎書付き】の品となっております。

大樋長左衛門作の大樋焼は、江戸時代から伝わるもので、
千家十職のひとつである「茶碗師」楽家の楽焼の手法で制作されます。
そこに、大樋長左衛門の特徴ともいえる飴釉が塗られ、
手捏ねのシンプルな器が独特の輝きをまといます。
この飴釉は、多くの愛好家を魅了しております。

「利休400年忌」三千家合同茶会の席主を務めた表千家十四代 而妙斎の書が入った箱も、
ご一緒に買取をしております。
付属品である箱がございましたため、高価買取となりました。

茶道具や骨董品を査定する際、高価買取となる決め手のひとつに「付属品の有無」がございます。
査定依頼を出される際、茶碗や茶器の付属品がございましたら、是非お申し付けください。
もちろん骨董品や茶道具の保存状態も重要ですが、
付属品の有無によって査定額が大きく変動する可能性がございます。

茶道具の査定・買取は寛永堂にお任せください。

>寛永堂の査定実績【大樋長左衛門作飴釉茶碗 而妙斎書付き】はこちらからご覧ください。

お問い合わせはこちら