上記のQRコードをLINEアプリ上で
読み込んでいただくか、
LINE IDで検索下さい。
登録後に「トーク」でご相談下さい!

スタッフブログ茶道具・香木等の骨董品 買取
寛永堂スタッフのブログはこちらから
高価買取りのコツや査定時の
ポイント等を随時掲載しております。

~杉並 世田谷の茶道具・香木・骨董品 買取~

〒113-0033
文京区本郷6-26-15 清川ビル1階

連絡先

プライバシーポリシー骨董品買取 寛永堂の、買取りについての
プライバシーポリシーはこちらから

サイトマップ当サイトのサイトマップはこちら

高価買取ポイントの最近のブログ記事

東京都杉並区、世田谷にて茶道具や香木をはじめとした骨董品の買取を行っております寛永堂です。
寛永堂では熟年の鑑定士が確かな目で査定を行います。 専門店ならではの査定額をご期待ください。

今回のブログでは、寛永堂によく寄せられるご質問についてお答えさせていただきます。

どんなものを買い取って下さるんですか?

寛永堂では、茶道具・香木を中心に様々な骨董品の査定を行っております。
炭斗や釜、茶碗といった茶道具の査定実績が多くございますが、
茶道具だけではなく新作陶器や絵皿、過去には和楽器の査定実績等もございます。

骨董品だけでなく、美術品の取り扱いもございます。
また査定の難しい香木等も扱っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

また寛永堂では、「有名作家作品」だけではなく、
「無名作家でも良い作風の品」は積極的に買取を行っております。

「作風」に加え、「品物の保存状態」「付属品の有無」といった点でも
きっちりと査定を行いますので、査定額で不明な点がございましたらお尋ねください。

寛永堂は杉並区・世田谷区を中心に買取を行っておりますが、
買取総合受付店舗があります文京区本郷でも査定を承っております。

まずは一度寛永堂までご連絡をお願い致します。
お客様のご都合の良い方法にて査定までのフローを決定いたします。
また、文京区本郷の買取総合受付店舗は出張買取により不在の場合が
ございますので、まずは訪問予約をお願い致します。

店舗での査定はもちろん、出張買取・宅配買取り・LINE査定といった
様々な方法にて対応をしておりますので、お困りの際は是非お声掛けくださいませ。

査定額はどのようにして決定するのでしょうか?

こちらは、寛永堂へ骨董品・茶道具の査定をご依頼される方であれば
ほとんどの方が気にされるご質問だと考えます。

寛永堂では知識や経験の豊富なベテランの鑑定士がお客様のお品物を拝見し、
品物を制作した作家や品物自体の状態、付属品等の有無を確認します。

知識だけではなく現状の市場価格も考慮に入れた上で、査定額を決定しております。

寛永堂は、
お客様に「寛永堂に査定をお願いして良かった!」と思っていただく
というポリシーを持って、皆様の品物を査定させていただいております。
より高価買取になるよう査定を行い、お客様に満足いただけるよう取り組んでおります。

高価買取のために、基本ではありますが下記のポイントを押さえてください。

上記のポイントを押さえることで、高価買取になる可能性がぐっと高まります。

また、寛永堂では「買取強化商品」を打ち出しております。

現在は「茶道具」「新作陶器」が買取強化となっております。
ご自宅に眠ったままの茶道具や、使われていない新作陶器はございませんか?
茶道具・新作陶器の査定について、是非寛永堂までご相談ください!

茶道具・香木、骨董品 買取
査定料・出張料・送料・キャンセル料無料の寛永堂
お問い合わせはこちら杉並 世田谷の茶道具買取 寛永堂へのご連絡はこちら

東京世田谷 杉並にて茶道具・香木、骨董品の買取を行っております寛永堂です。
本日は大樋長左衛門作の「飴釉茶碗」をご紹介致します。

images_26.jpg

寛永堂にて査定を行いました茶道具「茶碗」です。
こちらは箱付きで、【而妙斎書付き】の品となっております。

大樋長左衛門作の大樋焼は、江戸時代から伝わるもので、
千家十職のひとつである「茶碗師」楽家の楽焼の手法で制作されます。
そこに、大樋長左衛門の特徴ともいえる飴釉が塗られ、
手捏ねのシンプルな器が独特の輝きをまといます。
この飴釉は、多くの愛好家を魅了しております。

「利休400年忌」三千家合同茶会の席主を務めた表千家十四代 而妙斎の書が入った箱も、
ご一緒に買取をしております。
付属品である箱がございましたため、高価買取となりました。

茶道具や骨董品を査定する際、高価買取となる決め手のひとつに「付属品の有無」がございます。
査定依頼を出される際、茶碗や茶器の付属品がございましたら、是非お申し付けください。
もちろん骨董品や茶道具の保存状態も重要ですが、
付属品の有無によって査定額が大きく変動する可能性がございます。

茶道具の査定・買取は寛永堂にお任せください。

>寛永堂の査定実績【大樋長左衛門作飴釉茶碗 而妙斎書付き】はこちらからご覧ください。

お問い合わせはこちら

世田谷区 杉並区にて茶道具・香木、
骨董品の買取を行っております寛永堂です。

本日は、寛永堂の査定実績をご紹介いたします。

【加藤孝造作 志野ぐい呑】を査定いたしました。

image3.JPG

加藤孝造は岐阜県出身の陶芸家です。
桃山時代に生まれた「瀬戸黒」の技術を認められ、人間国宝と認定されました。
「瀬戸黒」は荒川豊蔵によってよみがえり、現在加藤孝造がその技術を受け継いでいます。

今回寛永堂にて査定を行いました加藤孝造作「志野ぐい呑」は、
あたたかみのある色合いと、その模様が特徴的です。

品の状態が良く、箱等の付属品もございましたため、
高価買取りとなりました。
有名作家はもちろん、作風が良ければ高価買取となります。

寛永堂では、加藤孝造作の作品について、
熟練の鑑定士が査定・買取を行っております。
他社に負けない高価買取で、成約率は90%以上!

茶道具、香木をはじめとした骨董品や、
新作陶器の査定も積極的に承っております!

また、寛永堂では出張買取も実施中!
杉並・世田谷エリアへは、
近隣のため早期でお伺いすることが可能です。
お問い合わせは年中無休で受け付けておりますので、
まずは寛永堂までご連絡くださいませ。

【加藤孝造作 志野ぐい呑】の査定実績はこちらからご覧ください!

お問い合わせはこちら

着物・茶道具等 買取専門 寛永堂スタッフブログです。
当サイトでは「和楽器の買取り」も随時行っております!

【寛永堂 和楽器買取 品目について】

・三味線:細棹・中棹・太棹どれでも品質がよろしければ、買取り対象となります。
     長唄三味線や津軽三味線・義太夫三味線、地歌三味線、三味線の各種小物等

・琴:大正琴をはじめ、実用的なものから
   美術的価値の高いものまでお取り扱いをしております。

・月琴:京劇などで利用されている月琴の買取りも致します。

・箏:十七絃・二十絃・二絃筝・楽筝・筝小物(琴柱・琴爪)等

・尺八:都山流、琴古流など流派を問わず買取り致します。

■和楽器の高価買取について

和楽器は「演奏用のもの」が高価買取りとなる可能性が高くなります。
稽古用の楽器の査定額は一般的に低めとなっております。

また和楽器は特に保存状態・保存場所によって、
楽器本体が沿ってしまったり、破損してしまったりとリスクがございます。
そのため、音色が変わってしまったり、使用不可となる前に、お早めに買取依頼をされることをお勧めいたします。

和楽器の買取りについてもご不明な点等がございましたら、お気軽にご相談下さい!
買取り経験・知識 豊富な専門資格所有の鑑定士が丁寧に対応させていただきます。

勿論、「和楽器の買取り」も査定料や出張料・キャンセル料無料にて、行っております。
買取価格も他社様に負けない高価買取りをいたします!

東京都杉並区にて、茶道具・香木・骨董品の買取を専門に行っております寛永堂です。
今回は「買取査定の際、高価買取となるためのコツ」について、ご紹介をいたします。

 karitori7.jpg  

 これまで大切にしてきた品を査定してもらうなら、できるだけ高価買取となることを
 望まれるかと思います。
 その際、ちょっとした内容を考慮するだけで査定額がアップするかもしれません。
 以下が査定依頼の前にご自分で準備できる、高価買取のためのコツです。

  ----------------------------------------------------------------------
 ■買取 査定依頼前に必ずケース・袋といった付属品を揃えておきましょう!
 まず査定依頼する品に付属品などが無かったかを確認、思い出しましょう。
 品を購入した際に一緒に入っていた袋や付属の箱、取扱い説明書類・冊子等がありますと
 やはり高価買取りへポイントUPされますので、重要です。

 そのため、今後新たな商品をご購入される際は必ず箱や説明書等を捨ててしまわないよう
 まず保管をしましょう。
 品をお部屋に飾られる場合は、箱や説明書等を一つの決められた場所へまず
 しまうように心がければ数年後、査定依頼の際に探す必要がなくなります。


 ■商品・付属品を綺麗にし、できるだけ見た目を良くしておきましょう!
 査定依頼をされたい商品や各種付属品・説明書等のほこりや汚れを綺麗にし、
 傷が付かないよう柔らかい布で予め磨いておきましょう。
 ビジュアルが良く見えますと、買取り額もアップする可能性があります。


 ■新品や開封前の商品は箱から出さずに、必ずそのまま査定依頼をしましょう!
 買取時、「未開封」「未使用」は非常に大きなポイントとなります。
 商品を箱から出したり、包装紙をとってしまうと査定額が減少してしまう可能性が高いです。

 新品の品はそのままの状態を維持して、できるだけ触ったり移動することなく
 そのまま買取依頼へ出された方が良いでしょう。
 

 ■商品が劣化したり、破損する前に、できるだけ早めの査定依頼を!
 商品は購入後、経年や保存している環境等で少しづつ劣化をしてしまいます。
 経年劣化以外にもお引っ越しやお部屋のお掃除などで商品を移動する時に破損するリスクもあります。
 そのため、こういったリスクをさけるため、商品について売却を検討されていましたら
 できるだけ早期に査定依頼を行うのも実は重要なポイントです。


 ■商品について、情報が無い、作家が不明でも査定依頼をしてみましょう!
 「先代が集めていた品で商品についての知識がない、作家が分からない、物自体も古いし
 売却できるのだろうか・・・」といった時もまずは査定依頼へ出してみることをオススメ致します。

 査定依頼をしてみたら、実は名品で高価買取となるケースもあるため大切に扱い
 査定へ出しましょう。 捨ててしまうと0円か処分料が発生しますが売却によって収入になる可能性もあります。 

  ---------------------------------------------------------------------- 


 いかがでしょうか?こちら以外にも考慮すべきポイントはまだまだありますので、
 また「高価買取 ポイント」について定期的にこちらの寛永堂スタッフブログにてご紹介をいたします。

 着物や茶道具等の買取りなら寛永堂へお任せ下さい!
 「出張料、商品配送料、キャンセル料、査定料無料」でお客様の大切な品を査定いたします。
 お気軽にご連絡下さい。