上記のQRコードをLINEアプリ上で
読み込んでいただくか、
LINE IDで検索下さい。
登録後に「トーク」でご相談下さい!

スタッフブログ茶道具・香木等の骨董品 買取
寛永堂スタッフのブログはこちらから
高価買取りのコツや査定時の
ポイント等を随時掲載しております。

~杉並 世田谷の茶道具・香木・骨董品 買取~

〒113-0033
文京区本郷6-26-15 清川ビル1階

連絡先

プライバシーポリシー骨董品買取 寛永堂の、買取りについての
プライバシーポリシーはこちらから

サイトマップ当サイトのサイトマップはこちら

査定実績のご紹介の最近のブログ記事

東京都杉並 世田谷の寛永堂では、
茶道具・香木の買取を専門にて行っております。

今回は、寛永堂が行いました査定実績をご紹介いたします。是非ご覧ください。

15代 坂倉新兵衛作 荻茶碗を査定しました。

>査定実績「15代 坂倉新兵衛作 荻茶碗」

こちらは荻焼の茶碗で、土味を生かした素朴な作品が多いのが特徴です。
そのため、絵付けなどはほとんど行われておりません。
坂倉新兵衛作は、自己表現を出した独自の作品が多く、多くの方を魅了しております。

寛永堂では茶道具や香木、骨董品の買取を強化しております。
ご自宅の不要な茶道具や、眠ったままの骨董品などがございましたら、是非ご相談ください。

茶道具・香木、骨董品 買取
査定料・出張料・送料・キャンセル料無料の寛永堂
お問い合わせはこちら杉並 世田谷の茶道具買取 寛永堂へのご連絡はこちら

東京都杉並区や世田谷区にて
茶道具・骨董品・陶器・香木の買取りを行っております寛永堂です。

本日は、寛永堂が査定を行いました新作陶器を紹介いたします。

『隠崎隆一作 ぐい呑』を査定いたしました。

隠崎氏らしさのある造形のぐい呑です。
こちらは作品の状態も良く、箱付きのため高額査定となりました。

>査定実績 隠崎隆一作 ぐい呑

査定につきましては、文京区本郷にあります「寛永堂 買取総合受付店舗」へ直接持ち込みいただくか、
「出張買取」「宅配買取」「LINE査定」「メールフォームでの査定」をお選びいただけます。

骨董品や茶道具の査定で本郷の店舗へ直接お持ち込みいただく場合は、事前にお電話にて査定予約をお願いいたします。

ご自宅に眠ったままの骨董品や陶器、茶道具がございましたら、
お電話やメールにてお気軽にお問い合わせください。

茶道具・香木、骨董品 買取
査定料・出張料・送料・キャンセル料無料の寛永堂
お問い合わせはこちら杉並 世田谷の茶道具買取 寛永堂へのご連絡はこちら

東京都杉並区 世田谷区にて茶道具・香木をはじめとした
骨董品の買取を専門で行っております寛永堂です。

寛永堂が行いました査定実績をご紹介します。

今回、「河井寛次郎作 合子」を査定しました。
下記の査定実績ページをご覧くださいませ。

「河井寛次郎作 合子」はこちらからご覧ください。

只今寛永堂では、茶道具や新作陶器の買取を強化しております。
買取品目以外の査定も行っております。

店舗での査定のみではなく、宅配や出張買取り、LINE査定も対応しておりますので
是非、お問い合わせください。

茶道具・香木、骨董品 買取
査定料・出張料・送料・キャンセル料無料の寛永堂
お問い合わせはこちら杉並 世田谷の茶道具買取 寛永堂へのご連絡はこちら

東京都杉並区 世田谷区にて茶道具や骨董品の買取を行っております寛永堂です。

寛永堂では、茶道具・新作陶器の買取を強化しております。

査定実績ページへ、伊勢崎淳作の備前焼を掲載致しました。

こちらは、伊勢崎淳制作による備前茶入となっております。
釉薬を一切使わず、長時間にわたり「焼き締める」といった伝統を守り、
備前焼の魅力でもある土味の渋さが出ている作品となっております。

伊勢崎淳作の備前焼は、どれも独自性があり、窯や素材の特徴を十分に生かした
作風が特徴の一つです。

ご自宅に、使用していない茶道具などがございましたら、是非寛永堂へお問い合わせ ください。

茶道具・香木、骨董品 買取
査定料・出張料・送料・キャンセル料無料の寛永堂
お問い合わせはこちら杉並 世田谷の茶道具買取 寛永堂へのご連絡はこちら

東京都杉並 世田谷にて茶道具・香木の買取を専門にて行っております寛永堂です。
今回は、寛永堂が行いました査定実績をご紹介いたします。

河上恭一郎作 ルリ 笹形向付 5客を査定しました。

こちらはガラスの器となっており、主に日本料理や懐石料理等に使われ、
焼物などの料理を取り分ける器としても使われます。

河上恭一郎のガラス作品は、多くの方の心を癒し、50年にわたり伝統を守りながら
常に新しい視点でガラスを制作し続けております。

骨董品 買取の寛永堂では、新作陶器や茶道具を買取強化中です。
熟練鑑定士が鑑定歴20年以上の確かな目で、お客様の様々なお品物を査定いたします。

ご自宅に眠ったままの骨董品や、使っていない茶道具等がございましたら是非ご相談ください。

上記以外の査定も、もちろん行っております。
お問い合わせは年中無休で受け付けておりますので、
まずは、お気軽にお問い合わせください!

茶道具・香木、骨董品 買取
査定料・出張料・送料・キャンセル料無料の寛永堂
お問い合わせはこちら杉並 世田谷の茶道具買取 寛永堂へのご連絡はこちら

東京都杉並区・世田谷にて
茶道具・香木・骨董品の買取を行っております寛永堂です。
寛永堂の茶道具査定実績へ、
【真葛香斉作 芦ノ絵茶碗】【塚本快示作 くみ出し茶碗】を掲載しました。

真葛焼の真葛香斉作芦ノ絵茶碗は、箱付きでの査定となりました。
塚本快示作 くみ出し茶碗は5客での査定です。
詳しくは、査定実績のページにてご覧くださいませ。

>【真葛香斉作 芦ノ絵茶碗】はこちらからご覧ください。
>【塚本快示作 くみ出し茶碗】はこちらからご覧ください。

寛永堂では、出張買取・宅配買取り・LINE査定を実施しております。
その他、文京区本郷にあります買取総合受付店舗でも査定・買取を実施しております。
寛永堂 本郷店にお越しの際は、事前にお電話にて訪問予約をお願い致します。

ご自宅に眠ったままの茶道具・香木をはじめとした骨董品がありましたら、
是非一度寛永堂までご相談ください。

茶道具・香木、骨董品 買取
査定料・出張料・送料・キャンセル料無料の寛永堂
お問い合わせはこちら杉並 世田谷の茶道具買取 寛永堂へのご連絡はこちら

東京都杉並区 世田谷区にて茶道具・香木をはじめとした
骨董品の買取を専門にて行っております寛永堂です。
寛永堂が行いました査定実績のご紹介です。

査定実績ページへ、茶平一斎作 懐石道具一式を掲載致しました。

【茶平一斎作 懐石道具一式】

こちらは茶平一斎作の懐石道具となります。
懐石道具は、お茶会の食事の際に使用される道具です。漆器となります。

「茶平一斎」は三代にわたり継承される名で、
初代が茶道宗家宗偏流家元より賜りました。
茶平一斎の現代的な感性と長年受け継がれた技術が結びつくことで、
魅力的な作品が生まれます。

>茶道具査定実績【茶平一斎作 懐石道具一式】はこちら

茶道具・香木、骨董品 買取
査定料・出張料・送料・キャンセル料無料の寛永堂
お問い合わせはこちら杉並 世田谷の茶道具買取 寛永堂へのご連絡はこちら

東京都杉並区 世田谷区にて茶道具をはじめとした
骨董品の買取を行っております寛永堂です。
寛永堂では、茶道具・新作陶器の買取を強化しております。

査定実績ページへ、角谷一圭作の茶釜を掲載致しました。

【角谷一圭 平阿弥陀堂釜】

こちらは人間国宝 角谷一圭が製作を致しました平阿弥陀堂釜です。
角谷一圭作品はヘラ押しによる文様が特徴的です。
こちらの茶釜【平阿弥陀堂釜】は箱付きでしたため、高価買取となりました。

寛永堂では茶道具の買取を強化しております。
ご自宅にあります不要な茶道具や、練習用茶道具などがございましたら、
是非ご相談ください。

>茶道具買取実績【角谷一圭 平阿弥陀堂釜】はこちら

茶道具・香木、骨董品 買取
査定料・出張料・送料・キャンセル料無料の寛永堂
お問い合わせはこちら杉並 世田谷の茶道具買取 寛永堂へのご連絡はこちら

東京都世田谷 杉並にて茶道具買取を行っております寛永堂です。
寛永堂では、本格的な茶道具や、著名な作家の茶道具はもちろん、
お稽古・練習用の茶道具まで査定・買取を行っております。

本日は、寛永堂が査定を行いました茶道具【炭斗】をご紹介致します。

images_27.jpg

こちらは【玄々斎好 炭斗】で、裏千家十一世 玄々斎の好み物となっております。

>茶道具買取実績【玄々斎好 炭斗】はこちらからご覧ください。

玄々斎は1810年に誕生し、10歳で裏千家へ養子として入りました。
1872年に開催された博覧会の際に外国人をもてなすための立礼式を発案した人物でもあり、茶道の近代化に貢献をした人物です。

今回査定を致しました茶道具【玄々斎好 炭斗】は、裏千家玄々斎の好み物であり、また、商品の状態も非常に良好でしたので、高価買取となりました。

ご自宅に、使用していない茶道具やしまったままの茶道具がございましたら、是非ご相談ください。

また、寛永堂では茶道具だけではなく、香木や骨董品に関しましても査定を行っております。
香木や骨董品に関しても、熟練の専門鑑定士が適正な査定を行います。

お問い合わせはこちら

東京世田谷 杉並にて茶道具・香木、骨董品の買取を行っております寛永堂です。
本日は大樋長左衛門作の「飴釉茶碗」をご紹介致します。

images_26.jpg

寛永堂にて査定を行いました茶道具「茶碗」です。
こちらは箱付きで、【而妙斎書付き】の品となっております。

大樋長左衛門作の大樋焼は、江戸時代から伝わるもので、
千家十職のひとつである「茶碗師」楽家の楽焼の手法で制作されます。
そこに、大樋長左衛門の特徴ともいえる飴釉が塗られ、
手捏ねのシンプルな器が独特の輝きをまといます。
この飴釉は、多くの愛好家を魅了しております。

「利休400年忌」三千家合同茶会の席主を務めた表千家十四代 而妙斎の書が入った箱も、
ご一緒に買取をしております。
付属品である箱がございましたため、高価買取となりました。

茶道具や骨董品を査定する際、高価買取となる決め手のひとつに「付属品の有無」がございます。
査定依頼を出される際、茶碗や茶器の付属品がございましたら、是非お申し付けください。
もちろん骨董品や茶道具の保存状態も重要ですが、
付属品の有無によって査定額が大きく変動する可能性がございます。

茶道具の査定・買取は寛永堂にお任せください。

>寛永堂の査定実績【大樋長左衛門作飴釉茶碗 而妙斎書付き】はこちらからご覧ください。

お問い合わせはこちら